便秘薬の種類

便秘の人にとって便秘薬はとても役立つものと言えます。その即効性から、日常的に飲用している人もいるのではないでしょうか。長期間の便秘は非常に辛いものですし、体にも様々な外を与えます。「漢方などは効果が表れるのに時間がかかるから、薬に頼らざるを得ない」という人も多いと思います。しかし、飲み方や分量を間違えると、不調を改善するための薬もかえって体の害となってしまいます。まずは便秘薬について正しい知識を持つことが大切です。まず、便秘薬にはいろいろな種類がありますが、大きく分けて「刺激性下剤」「膨潤性下剤」「浸潤性下剤」「塩類下剤」「整腸剤」などがあります。刺激性下剤は、腸を刺激することによって水分の分泌を促し、腸の運動を活発化させることによって便を排出させるものです。フェノールフタレインやアントラキノンがこれに当てはまります。膨潤性下剤は、便に水分を吸収させることにより柔らかく、体積を大きくし、排便を促すものです。植物性食物繊維(ゼラチンなど)と同じような働きがあります。カルボキシメチルセルロースやプランタゴオバタがこれに該当します。塩類下剤は、塩類が腸内の浸透圧作用を高めることにより、腸内の便を柔らかくし、蠕動作用を促します。酸化マグネシウムや水酸化マグネシウムが当てはまります。整腸剤は、ビフィズス菌や乳酸菌が腸内の善玉菌の働きを助け、腸内環境を整える作用があります。この他にも細かく分けると様々なタイプの薬があります。どれでも良いというわけではなく、体質や症状によって合うものと合わないものがありますので、成分や効能を知った上で正しく選ぶことが大切です。


~注目情報~
・便秘でお悩みの方にオススメの、毎日簡単に摂取できる健康食品です ⇒⇒便秘 悩み
・お腹にも優しい天然水など、様々な特徴を比較したウォーターサーバーの紹介サイトです ⇒⇒ウォーターサーバー